2015年12月13日

■ヨルダンレポート5_NICCOヨルダン事務所の西田紗璃さんに聞く

NICCO2.png
子ども向け心理社会的ケアの一環として行われた演劇発表会の様子(C)NICCO
IMG_5049.JPG
NICCOヨルダン事務所の西田紗璃さん

難民ナウ!では、2015年11月24日から12月1日までヨルダンの首都アンマンで、シリアから逃れた人たちの状況、支援活動について多くの方にお会いし、お話をうかがいました。
「ヨルダンレポート」として、順次お届けします。
第5回は、NICCOヨルダン事務所の西田紗璃さんへのインタビューです。

内容は、

ヨルダンにおけるシリア難民の状況
ヨルダンでのNICCOの活動
活動を通して感じること
リスナーの皆さんへのメッセージ

−などとなっています。
ぜひお聴きください!

NICCOのウェブサイトはこちらです。

posted by 難民ナウ! at 23:17| ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

■ヨルダンレポート4_JIM-NET海外事業担当の内海旬子さんに聞く

jimnet.jpg
JIM-NETが支援している、紛争で負傷した人のリハビリテーションの様子(C)JIM-NET

難民ナウ!では、2015年11月24日から12月1日までヨルダンの首都アンマンで、シリアから逃れた人たちの状況、支援活動について多くの方にお会いし、お話をうかがいました。
これから「ヨルダンレポート」として、順次お届けします。
第4回は、JIM-NET海外事業担当の内海旬子さんへのインタビューです。

内容は、

JIM-NETのヨルダンでの活動について
活動を通して感じること
リスナーの皆さんへのメッセージ

−などとなっています。

ぜひお聴きください!

JIM-NETのウェブサイトはこちらです。
写真は、JIM-NETのfacebookページより

posted by 難民ナウ! at 00:28| ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

■ヨルダンレポート3_JENアンマンオフィスの荒木名穂子シニアプログラムオフィサーに聞く

jen3.jpg
ホストコミュニティ(ヨルダンの公立学校)を対象にした水衛生事業(C)JEN
IMG_5126 (2).JPG
JENアンマンオフィスの荒木名穂子シニアプログラムオフィサー

難民ナウ!では、2015年11月24日から12月1日までヨルダンの首都アンマンで、シリアから逃れた人たちの状況、支援活動について多くの方にお会いし、お話をうかがいました。
これから「ヨルダンレポート」として、順次お届けします。
第3回は、JENアンマンオフィスの荒木名穂子シニアプログラムオフィサーへのインタビューです。

内容は、

シリアから逃れた人たちのうち約85%が暮らす、ヨルダンのホストコミュニティ(難民キャンプ以外)を対象にした活動内容(公立学校の水衛生事業)について(ハード面、ソフト面)
ヨルダンのホストコミュニティを対象にした事業を進める上での困難とは
「水」の観点から見る、シリアから逃れた人たちと、ホストコミュニティの人たちの間の軋轢について
荒木さんが活動を通して感じること
とくに大学生へのメッセージ

などとなっています。
ぜひお聴きください!

JENのウェブサイトはこちらです。
ホストコミュニティ(ヨルダンの公立学校)を対象にした水衛生事業の写真は、JENのウェブサイトより。

posted by 難民ナウ! at 12:51| ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

■ヨルダンレポート2_JENアンマンオフィスの中塚順子プログラムオフィサーに聞く

jen2.jpg
JENが発行する、ザータリ難民キャンプ唯一の月刊誌「THE ROAD」を読む子どもたち(C)JEN
IMG_5136.JPG
JENアンマンオフィスの中塚順子プログラムオフィサー

難民ナウ!では、2015年11月24日から12月1日までヨルダンの首都アンマンで、シリアから逃れた人たちの状況、支援活動について多くの方にお会いし、お話をうかがいました。
これから「ヨルダンレポート」として、順次お届けします。
第2回は、JENアンマンオフィスの中塚順子プログラムオフィサーへのインタビューです。

内容は、

ヨルダン(ザータリ難民キャンプ)での活動内容について
ザータリキャンプ唯一の月刊誌「THE ROAD」について
中塚さんが人道支援に関わるようになったきっかけ
リスナーの皆さんへのメッセージ

などとなっています。
ぜひお聴きください!

JENのウェブサイトはこちらです。
ザータリ難民キャンプの写真は、JENのウェブサイトより

posted by 難民ナウ! at 20:13| ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■ヨルダンレポート1_特定非営利活動法人 国境なき子どもたちアンマン事務所スタッフの松永晴子さんにシリア難民支援について聞く

KNK.jpg
ザアタリ難民キャンプにおける教育支援の様子(C)国境なき子どもたち
KNK2.jpg
ヨルダンのホストコミュニティにおける教育支援の現場(C)国境なき子どもたち

難民ナウ!では、2015年11月24日から12月1日までヨルダンの首都アンマンで、シリアから逃れた人たちの状況、支援活動について多くの方にお会いし、お話をうかがいました。
これから「ヨルダンレポート」として、順次お届けします。
第1回は、特定非営利活動法人 国境なき子どもたちアンマン事務所のスタッフ・松永晴子さんへのインタビューです。

内容は、

特定非営利活動法人 国境なき子どもたちについて
ヨルダンでの支援活動について
シリアから逃れた人たちと、ヨルダンのホストコミュニティの人たちとの間の軋轢と、その解消について
ヨルダンに逃れたシリアの人たちが直面する困難とは
リスナーの皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

国境なき子どもたちのヨルダンにおける活動紹介ページはこちらです。
写真は、国境なき子どもたちウェブサイトより
posted by 難民ナウ! at 16:46| ヨルダン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

■ミャンマー総選挙(11/8)に、選挙監視団のメンバーとして関わった、在日ビルマ人難民申請弁護団団長の渡邉彰悟弁護士に聞く

IMG_4556.JPG

NLD.jpg
(投票後にNLD本部前に集まる人びと)

2015年11月8日に実施された、ミャンマー総選挙に、日本からの選挙監視団メンバーとして関わった、在日ビルマ人難民申請弁護団 団長の渡邉彰悟弁護士にお話をうかがいました。

内容は、

今回の総選挙をどのように見るか
現地で感じたこと
今後の課題

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

posted by 難民ナウ! at 00:16| ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

■「新たな困難に直面するシリア難民の生活状況−ヨルダンでの調査から」(11/19,21)について、明治学院大学・平山恵ゼミの大竹菜緒さんに聞く

PRIME.jpg
ヨルダンにおけるシリア難民の生活調査に関する報告会を開催する、明治学院大学・平山恵ゼミの大竹菜緒さんにお話をうかがいました。

内容は、

報告会の内容
ヨルダンで行った調査について
大竹さんが現地で感じたこと
リスナーの皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)のホームページはこちらです。

posted by 難民ナウ! at 23:18| シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

■セミナー「私たちの難民問題2015」について、中尾秀一・難民事業本部関西支部 支部長代行に聞く

RHQ_event.jpg

11月11日(水)から、12月9日(水)にかけて全4回シリーズで開催されるセミナー「私たちの難民問題2015」について、主催団体である難民事業本部関西支部の中尾秀一支部長代行にお話をうかがいました(神戸YMCAと共催)。

内容は、

難民事業本部について
セミナーの目的や内容
どのような人に向けたセミナーか

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

以下、告知文からの抜粋です。

難民事業本部では神戸YMCAとの共催で、難民問題を広くみなさんに知っていただくため、下記のとおりセミナー「わたしたちの難民問題2015/Vol.16」を開催いたします。

紛争や迫害を逃れ、家を追われた人が、世界各地に約6,000万人いると推定されています。日本にもさまざまな国から難民が庇護を求めて来ています。難民本人、支援者、研究者のお話を聞いて、わたしたちにできることは何か、一緒に考えてみませんか。

■11月11日(水) 「ルワンダ内戦の悲劇から学んだこと」
講師:永遠瑠 マリールイズさん(NPO法人ルワンダの教育を考える会・理事長)

■11月25日(水) 「日本に暮らすラオス定住難民の現状と多文化共生に向けた課題」
講師:乾 美紀さん(兵庫県立大学・准教授)

■12月 2日(水) 「さまようロヒンギャ難民 その背景と現状」
講師:根本 敬さん(上智大学・教授)

■12月 9日(水) 「トルコでのシリア難民支援活動」
講師:景平 義文さん(難民を助ける会・シリア難民支援担当)

時 間 : 18:30〜20:00
場 所 : 神戸市青少年会館・研修室(神戸市中央区雲井通5-1-2)
     (http://www.kobe-youthnet.jp/youthhall/access.html
     地下鉄・JR・阪急・阪神 各三宮駅から徒歩5分
定 員 : 40名 参加無料
要予約 : お名前、ご連絡先、参加希望日を下記までお知らせください
     難民事業本部関西支部 078-361-1700 kansai@rhq.gr.jp
     神戸YMCA国際・奉仕センター 078-241-7204 houshi@kobeymca.org

難民事業本部のウェブサイトはこちらです。
posted by 難民ナウ! at 12:38| 難民事業本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

■11/11(大阪)「聞いて、学んで、考える『シリアの今』」について、企画・広報担当の板倉美聡さんに聞く

20151111event.jpg

11月11日(水)18:00〜20:45、大阪大学豊中キャンパス 21世紀懐徳堂スタジオで開催されるイベント「聞いて、学んで、考える『シリア難民の今』」について、企画・広報担当の板倉美聡さんにお話をうかがいました。

内容は、

イベントの内容
板倉さんとシリアの関わり
リスナーの皆さんへのメッセージ

―となっています。
ぜひお聴きください!

『聞く』
UNHCR難民映画祭上映作品
「目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア」を、大阪で初上映。シリア難民のリアルな今に迫るドキュメンタリー映画を通して、シリア難民の心の声を聞く。

『学ぶ』
「世界大戦以降最大の危機」として国際社会を揺るがす難民危機。大阪大学特任助教・安藤由香里先生より、難民危機と世界の動向を学ぶ。

『考える』
資金援助か、難民受け入れか、それともこのまま知らんぷり?

あなたはどう考えますか。

世界と日本が取るべき難民政策について、徹底的に議論し、一人ひとりが考える。

-------------------------------------------------------------------
  日程:11月11日(水)
  時間:18:00~20:45
  場所:大阪大学豊中キャンパス
     21世紀懐徳堂スタジオ
(http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/access)
  協力:国際食育団体「おむすび」
-------------------------------------------------------------------

世界はもう、彼らを無視し続けることはできない。
Facebookイベントページはこちらです。

posted by 難民ナウ! at 23:11| シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

■同志社大学グローバル地域文化学部・アンヌ・ゴノン教授ゼミの皆さんをスタジオに迎えて2

gononzemi2_2.jpg
同志社大学グローバル地域文化学部・アンヌ・ゴノン教授ゼミの森下茉耶さん、森下絢代さん、石田みのりさんをスタジオに迎えました。
皆さんは、ゼミの中で難民ナウ!について調査されています。

内容は、

「難民」と聞いたときのもともとのイメージについて
難民ナウ!を調べて感じたこと
難民問題を身近にするため、大学生にできることとは
リスナーの皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!
posted by 難民ナウ! at 12:26| 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする