2018年08月04日

■難民ナウ!の学生スタッフ・酒井理紗さん(同志社大学)に聞く

IMG-7307.JPG
酒井理紗さん

難民ナウ!の学生スタッフとして参加してくれることになった酒井理紗さん(同志社大学・2回生)にお話をうかがいました。

内容は、

自己紹介
参加しようと思ったきっかけ
難民ナウ!の活動を通して行いたいこと
リスナー、とくに学生の皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

posted by 難民ナウ! at 22:19| 難民ナウ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

■難民ナウ!の学生スタッフ・志田美優さん(同志社大学)に聞く

Shidasan.JPG
志田美優さん

難民ナウ!の学生スタッフとして参加してくれることになった志田美優さん(同志社大学・4回生)にお話をうかがいました。

内容は、

自己紹介
参加しようと思ったきっかけ
難民ナウ!の活動を通して行いたいこと
リスナー、とくに学生の皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

posted by 難民ナウ! at 09:42| 難民ナウ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

■ワールド・ビジョン・ジャパンの堂道有香さんに、南スーダン難民の子どもたちに平和を届けようというアイディア・コンペ「未来ドラフト2018」について聞く

Domichisan_3.jpg

Domichisan_2.jpg
「未来ドラフト2018」のイメージ(写真提供:ワールド・ビジョン・ジャパン)
Domichisan_1.jpg
堂道有香さん(写真提供:ワールド・ビジョン・ジャパン)

南スーダン難民の子どもたちに平和を届けようというアイディア・コンペ「未来ドラフト2018」について、実施団体である国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン広報担当の堂道有香さんにお話をうかがいました。

内容は、

「未来ドラフト2018」とは?
南スーダン難民29万人(そのうち21万人が子ども)が暮らすウガンダの「ビディビディ難民居住地」について
アイディアコンペは、今後どのようなスケジュールで進み、実現されるのか?

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

「未来ドラフト2018」の締切は、8月3日(金)です。
ウェブサイトはこちらです





posted by 難民ナウ! at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

■難民ナウ!の学生スタッフ・長瀬真優さん(同志社大学)に聞く

Nagasesan.JPG
長瀬真優さん

難民ナウ!の学生スタッフとして参加してくれることになった長瀬真優さん(同志社大学・4回生)にお話をうかがいました。

内容は、

自己紹介
参加しようと思ったきっかけ
難民ナウ!の活動を通して行いたいこと
リスナー、とくに学生の皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!
posted by 難民ナウ! at 00:42| 難民ナウ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

■2019年度の「UNHCR難民高等教育プログラム」について、国連UNHCR協会の泉田恭子さんに聞く

RHEP2019.JPG

2019年度の募集が始まった「UNHCR難民高等教育プログラム」について、国連UNHCR協会の泉田恭子さんに聞きました。
We interviewed with Ms. Kyoko Senda, Japan for UNHCR about "Refugee Higher Education Program 2019".

内容は、

改めて「UNHCR難民高等教育プログラム」とは?
今後のスケジュール
参加する大学が増えていることについて
リスナーの皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

募集要項はこちらです。日本語
About Application: English

posted by 難民ナウ! at 14:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

■「難民」をテーマにしたドキュメンタリー制作に取り組む同志社女子大学の皆さんに聞く

DWC.JPG
同志社女子大学の爲國さん、井之川さん、小森さん

「難民」をテーマにしたドキュメンタリー制作に取り組む同志社女子大学1年生の爲國立子さん、井之川悠月さん、小森菜七さんにお話をうかがいました。

内容は、

・「難民」をテーマに選んだ理由
・制作を進める上で感じたこと
・作品を観た人にどのようなことを感じてほしいか

―などとなっています。
ぜひお聴きください!
(ドキュメンタリーの一般公開は予定されていません)

posted by 難民ナウ! at 18:14| 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

■国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所の守屋由紀広報官に聞く

スクリーンショット 2018-06-29 22.31.23.png
(写真は、UNHCR駐日事務所ウェブサイトより)

UNHCR駐日事務所の守屋由紀広報官に、このほど発表された「グローバル・トレンズ2017」、世界難民の日に合わせて東京都渋谷区で行われたソーシャル・アクション「#難民とともに」などについてお聞きしました。

内容は、

そもそも、「グローバル・トレンズ」とは?
このほど発表された、「グローバル・トレンズ2017」から読み取れること
難民の受け入れに対する新たな取り組みとは?
ソーシャル・アクション「#難民とともに」について
メッセージ

ーなどとなっています。
ぜひお聴きください!

UNHCR駐日事務所のウェブサイトはこちらです。



posted by 難民ナウ! at 22:44| UNHCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

■シャンティ国際ボランティア会の菊池礼乃さんにクラウドファンディング「ここだけが世界と繋がれる場所--難民キャンプの図書館を続けたい」の取り組みについて聞く

難民キャンプの図書館_01(c)Kawabata Yoshifumi.jpg
難民キャンプの図書館の様子(中央奥の赤いシャツが菊池さん)(c)Kawabata Yoshifumi

菊池プロフィール.jpg
菊池礼乃さん(写真提供:シャンティ国際ボランティア会)

ウンピアム難民キャンプ.jpg
ウンピアム難民キャンプ(写真提供:シャンティ国際ボランティア会)

シャンティ国際ボランティア会の菊池礼乃さんに、6月29日まで取り組まれているクラウドファンディング「ここだけが世界と繋がれる場所--難民キャンプの図書館を続けたい」についてお聞きしました。

内容は、

シャンティ国際ボランティア会について
タイ・ミャンマー国境の難民キャンプでの図書館運営事業について
難民キャンプで、図書館が果たす役割
菊池さんの胸に残るエピソード
難民キャンプを取り巻く状況と、クラウドファンディング「ここだけが世界と繋がれる場所--難民キャンプの図書館を続けたい」について
メッセージ

などとなっています。
ぜひお聴きください!

クラウドファンディング「ここだけが世界と繋がれる場所--難民キャンプの図書館を続けたい」のページはこちらです。

シャンティ国際ボランティア会のウェブサイトはこちらです。


posted by 難民ナウ! at 21:14| NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

■世界難民の日 関西集会2018(6/24、大阪)についてRafiqの田中恵子さんに聞く

WRD_Kansai2018.JPG

世界難民の日 関西集会2018が、6月24日(日)、大阪市北区の大阪市住まい情報センター3Fホールで開催されます。
同イベント実行委員会の事務局を務める、Rafiq(在日難民との共生ネットワーク)の共同代表・田中恵子さんにお話をうかがいました。

内容は、

世界難民の日 関西集会2018のテーマ「そろそろ心の壁 壊しませんか」に込められた思いについて
当日の内容(川内敏月UNHCR駐日事務所副代表、朝倉拓也・朝日新聞記者による講演、高校生の発表など)
どのような人に参加してほしいと考えているか?

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

世界難民の日 関西集会2018のサイトはこちらです
大阪市住まい情報センターのアクセスはこちらです。


posted by 難民ナウ! at 13:37| NGO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

■「シリア、戦火のピアニスト」エイハム・アハマド氏を4月に日本へ招く、Stand with Syria Japan-SSJ(スタンド・ウィズ・シリア・ジャパン)代表の山田一竹さん(東京大学大学院)に聞く

ssj1.png
(写真は、Stand with Syria Japan-SSJのウェブサイトより)

破壊されたシリアで、ピアノの音色と歌声を通して人びとを励ました「シリア戦火のピアニスト」エイハム・アハマドさんの存在を知り、4月に日本へ招くことになった、Stand with Syria Japan-SSJ(スタンド・ウィズ・シリア・ジャパン)代表で東京大学大学院生の山田一竹さんにお話をうかがいました。

内容は、

山田さんとシリアの関わり、そしてStand with Syria Japan-SSJ(スタンド・ウィズ・シリア・ジャパン)について
エイハム・アハマドさんの存在を知ったときの山田さんの思い
今回、無償で日本に来ることを決めたエイハム・アハマドさんの思いとは
クラウドファンディングについて
4月14日、15日の東京大学でのイベント、4月19日の広島でのイベントについて
メッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

クラウドファンディングんのページはこちらです。

ssj2.jpg
Stand with Syria Japan-SSJ(スタンド・ウィズ・シリア・ジャパン)の皆さんと山田さん(中央)

Stand with Syria Japan-SSJ(スタンド・ウィズ・シリア・ジャパン)のウェブサイトはこちらです。
facebookページはこちらです。

posted by 難民ナウ! at 00:54| シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする