2018年01月28日

■レバノンにおけるシリア難民支援の緊急募金について、国際協力NGOパルシックのレバノン駐在員・岡崎文香さんに聞く

parcic_lebanon1.jpg
parcic_lebanon2.jpg
アールサールのキャンプ地の様子(写真提供:パルシック)

シリアとの国境に面する、バアルベック・ヘルメール県の標高1,550mの位置にあるキャンプ地(アールサール)に暮らす約439世帯のシリア難民に、越冬のための灯油を送る緊急募金について、国際協力NGOパルシックのレバノン駐在員・岡崎文香さんにお話をうかがいました。

内容は、

パルシックとは?
シリア難民支援事業について
レバノンのシリア難民の現状
今回のアールサールで暮らす人たちへの緊急募金について
リスナーの皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

パルシックの緊急募金サイトはこちらです。



posted by 難民ナウ! at 23:22| レバノン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする