2016年05月28日

■株式会社ユニクロ CSR部のシェルバ英子さんに聞く

____2381.jpg
キャンプ訪問時のシェルバさん(写真提供:(C)株式会社ファーストリテイリング)
キルギス207.jpg
キャンプ訪問時の様子(写真提供:(C)株式会社ファーストリテイリング)
カナート洛北.jpg
2016年6月18日(土)、19日(日)に、京都市左京区のカナート洛北で開催される、衣料品回収プロジェクト「3万着のHELP」

株式会社ユニクロ CSR部のシェルバ英子さんにお話をうかがいました。

内容は、

ユニクロの難民支援の取り組みについて(世界の難民キャンプに服を届ける取り組み、日本で暮らす難民にインターンシップで働く場所を提供する取り組み)

「服のチカラ」という言葉に込められた思いとユニクロのCSR

難民キャンプに服を届ける現場に立ち会って感じたこと(シェルバさんは、2016年5月、ルワンダの難民キャンプを訪問されました)

2016年6月18日(土)、19日(日)に、京都市左京区のカナート洛北で開催される、衣料品回収プロジェクト「3万着のHELP」について

メッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

ユニクロ「1000万着のHELP」プロジェクトのウェブサイトはこちらです。



posted by 難民ナウ! at 10:13| 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月29日

■パレスチナ・アマルの北村記世実さんに聞く

10945954_439315059559796_467120857_n.jpg

パレスチナのテキスタイルや刺繍製品の販売を通して、

(1)パレスチナの伝統や文化を多くの人に伝える
(2)パレスチナの地場産業を守り、女性たちの生活支援を行う
(3)パレスチナにおいて新たに雇用の機会を生みだす

―という3つのミッションのクリアを目指す、パレスチナ・アマルの北村記世実さんをスタジオにお迎えしてお話をうかがいました。

内容は、

パレスチナ・アマルについて
現在、パレスチナに唯一残る織物工場のブランドブックを作るために取り組んでいる、クラウドファンディングについて
リスナーの皆さんへのメッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

写真は、パレスチナの伝統衣装・カフィーヤをまとう少女。(提供=パレスチナ・アマル)
パレスチナ・アマルのウェブサイトはこちらです

posted by 難民ナウ! at 00:54| 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。