2017年02月20日

■デザインを通してシリア難民、ヨルダンの貧困層の女性の収入創出支援に取り組む、ファッションブランドTRIBALOGYのデザイナー・林芽衣さんに聞く

Hayashimeisan1.jpg
TRIBALOGYのデザイナー・林芽衣さん
Hayashimeisan2.jpg
TRIBALOGYの製品
Hayashimeisan3.jpg
インタビューを行った、Caffe STRADA

ファッションブランドTRIBALOGYのデザイナーで、日本国際民間協力会(NICCO)のJORIAプロジェクトにも関わる林芽衣さんにお話をうかがいました(インタビューは2016年12月)。

内容は、

イタリアのファッション業界で働いていた林さんがヨルダンで暮らすようになったきっかけ
シリア難民、ヨルダンの貧困層の女性の収入創出支援に関わるようになった経緯について
TRIBALOGYという名前に込めた思い
これから、林さんが行っていきたいこと
ヨルダンで暮らしていて感じる「難民」との距離
メッセージ

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

TRIBALOGYのwebsiteはこちらです。



posted by 難民ナウ! at 11:49| アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。