2016年07月16日

■難民高等教育プログラム(RHEP)について聞く

UNHCR_RHEP.jpg
2017年度の募集が始まった、「難民高等教育プログラム(RHEP)」について、UNHCR駐日事務所法務部の宮澤哲さん、南川紗楽さん、国連UNHCR協会の泉田恭子さんにお話をうかがいました。

内容は、

難民高等教育プログラム(RHEP)について
新たなパートナー校(創価大学、上智大学)の参加など、RHEPの広がりについて
2017年度の変更点や申請プロセス(日本留学試験の受験についてなど)
RHEPの意義

―などとなっています。
ぜひお聴きください!

2017年度の難民高等教育プログラムは、募集が始まっています。
詳しくは、RHEPのウェブサイトで確認できます。

UNHCR and Japan for UNHCR announced about application of "Refugee High Education Program" for academic year 2017.
The aim of the program is to provide access to higher education for refugees in Japan who would otherwise have difficulty completing a four-year undergraduate degree program. The students' tuition fees and other study expenses will be funded by the universities. At the discretion of the universities, additional scholarship stipends may be paid to the students on a monthly basis.
Please kindly see the detail on website.
(写真は、RHEPのウェブサイトより)


posted by 難民ナウ! at 13:57| UNHCR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。