2015年11月08日

■11/11(大阪)「聞いて、学んで、考える『シリアの今』」について、企画・広報担当の板倉美聡さんに聞く

20151111event.jpg

11月11日(水)18:00〜20:45、大阪大学豊中キャンパス 21世紀懐徳堂スタジオで開催されるイベント「聞いて、学んで、考える『シリア難民の今』」について、企画・広報担当の板倉美聡さんにお話をうかがいました。

内容は、

イベントの内容
板倉さんとシリアの関わり
リスナーの皆さんへのメッセージ

―となっています。
ぜひお聴きください!

『聞く』
UNHCR難民映画祭上映作品
「目を閉じれば、いつもそこに~故郷・私が愛したシリア」を、大阪で初上映。シリア難民のリアルな今に迫るドキュメンタリー映画を通して、シリア難民の心の声を聞く。

『学ぶ』
「世界大戦以降最大の危機」として国際社会を揺るがす難民危機。大阪大学特任助教・安藤由香里先生より、難民危機と世界の動向を学ぶ。

『考える』
資金援助か、難民受け入れか、それともこのまま知らんぷり?

あなたはどう考えますか。

世界と日本が取るべき難民政策について、徹底的に議論し、一人ひとりが考える。

-------------------------------------------------------------------
  日程:11月11日(水)
  時間:18:00~20:45
  場所:大阪大学豊中キャンパス
     21世紀懐徳堂スタジオ
(http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/access)
  協力:国際食育団体「おむすび」
-------------------------------------------------------------------

世界はもう、彼らを無視し続けることはできない。
Facebookイベントページはこちらです。

posted by 難民ナウ! at 23:11| シリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする